Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビジネスシーンで役に立つ!靴紐の通し方!

靴紐の通し方ってどのように通していますか?

色々な通し方があると思いますが、基本的な通し方を解説していきます!
ご参考にしてください!

革靴の靴紐通し方(王道パターン2種類)

シングル

シングルは、一本で靴紐を締めていくやり方です。
写真で言えば、左側の紐は一番上に通し、右側の紐で全ての穴に通す方法になります。

こちらのやり方は、ほとんど一本で締めているので、片方に負担が掛かってしまうようになります。

しかし、通し方はシンプルでスタンダードなやり方です。

パラレル

先程のシングルと違い、少し複雑な通し方となりますね!
一回目の通し方は左を2番目、右を3番目に通し1個飛ばしで通していきます。

シングルと違い、交互に通していくので負担が分散され均等に力が加わります。

パラレルは複雑ですが、均等に力が加わるため革靴の形が変形しにくくバランスの良い通し方となります。

私はこの通し方で行っています。笑

スニーカーなどに用いられる通し方

オーバーラップ

革靴での靴紐の通し方は、上を平行に通していましたがスニーカーなどは全て互い違いに通しているかと思います。

一番バランスの取れた通し方ですよね!

革靴でもおしゃれに通している人はこのような通し方をしている方もいますよ。

アンダーラップ

アンダーラップは、オーバーラップの逆です。

オーバーラップは上から通しているのに対して、アンダーラップは下から通しています。
この辺りは、自身の好みになってきますね!

ただ下から通したほうが絞りやすい傾向にあります。

まとめ

靴紐の通し方についてご紹介しました。

少し短い記事になりましたが、写真を見て頂けるとわかりやすいと思います。

革靴では、パラレルタイプの靴紐の通し方が良いと思います。
均等に力が加わるので、革靴の変形を防ぐことはもちろん足への負担も軽減出来ると思います。

しかし、シングルタイプは非常にシンプルなので、いちいち考えながら通さないで良いというメリットもあります。

ビジネスシーンでは基本的に平行に通す方法が一般的なので、就活生などは参考になると思います。

スポンサーリンク