Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

革靴(ビジネスジュース)の手入れを始めよう!〜靴磨きの方法をお教えします〜

みなさん!革靴の手入れをせずに放置していませんか?

・キズだらけの革靴
・ホコリが被っている革靴
・色が薄くなったり、抜けてしまったりしている革靴
・穴があいてしまった革靴 etc・・・

ビジネスマンファッションおしゃれアイテムとしては、革靴(ビジネスシューズ)のお手入れは大事なところだと思います。

しかし、
・どうやっていいかわからない
・道具はどれを準備すればいいの?
・道具は準備したけど使い方は?

お手入れしたいけど、やり方がわからないよ〜って人に解説していきたいと思います。
(初心者〜中級者 ←ぜひご覧頂きたいと思います)

スポンサーリンク

 

(初級編)スプレータイプ・ムースタイプ

このような人にオススメ!

すごく簡単ですぐにお手入れ出来ますので、
・靴磨きしてみたい!
・簡単に、すばやくお手入れしたい!

ぜひ、試してみてくださいね!

画像は、ムースタイプの汚れ、ツヤ出しスプレーです。

こういった汚れ落としスプレーは、ABCマートやシューズ愛ランドのように、チェーンで展開しているシューズ販売店によく置いてあります。

価格も1000円〜3000円と、低価格で入手することができて、これ1本で手軽に靴磨きを行うことが出来ます。

私も靴磨きを始めたころは、このスプレータイプからスタートしました。
また、手軽にできるため、そこまで革靴が汚れていない場合にササッとメンテナンスできる点も良いところですね!

メンテナンス方法

【用意するもの】

1、スプレータイプ、ムースタイプの汚れ落とし、ツヤ出し
2、布:要らなくなったTシャツ、雑巾、ネル生地などの汚れてもいい布

この2つがあれば、十分メンテナンス出来ます!


布の汚れていない面で、特に汚れているところ(砂、小さい石、ホコリ)を取れば問題ありませんが、下の写真のような「馬毛ブラシ」があると便利です。

【メンテナンス手順】

1、ブラシや布で汚れホコリを払い落とします

汚れ・ホコリは、革靴の表面にキズを付けてしまう原因の1つです。先ほど、「馬毛ブラシ」が便利とお伝えしましたが、手が入りにくい隙間などにはブラシが活用出来ます。
人にもよりますが、かたーーく絞った雑巾などで乾拭きするひともいます。

そんなに深く考える必要はないですが、愛着をもって長く履くにはやっておきましょう!

2、布にスプレーする。

直接、革靴にスプレーするのはNGです!
理由としては、「スプレーした部分がシミになってしまう」からです。
まずは布にスプレーをし、なじませたあと革靴にトライしましょう!

3、スプレーした布で、汚れを落とす

先程お伝えしたとおり、1箇所に集中しすぎるとシミになってしまう原因となります。
全体をササッと拭いて上げるように汚れを落としていきます。

4、乾いた布で、磨き上げる

これは、余分に残ってしまったスプレーの液を拭き取って上げるイメージです。
拭き上げることで、ツヤも出てきますのですごくキレイになりますよ。

スプレータイプ・ムースタイプ まとめ

スプレータイプ・ムースタイプの手入れ方法でした。
更に簡単にまとめると、ホコリ落として、汚れを取る。これだけです・・・

靴がキレイになることで、その日の気分が違いますので、ぜひトライしてみてください。

(初級プラス編)オール100均で靴磨きをしよう!

100均で集めることができる靴磨き道具

今の100均はスゴすぎる!!

詳しく記事にしましたのでご参考ください。

【100均で揃えることができるもの】

・豚毛ブラシ
・靴クリーナー(汚れ落とし)
・靴クリーム(栄養補給)、液体タイプ靴クリーム
・ワックス
・靴磨きクロス(空拭き、ツヤ出し用)
・シューキーパー(これは150円です)

こんなにたくさん揃えることができるんです。

すべて100円なので、一つ一つのクオリティーは落ちますが、十分にキレイになるものが揃っています。

特に100均のワックスについては、プロの方も使いやすいと言われる人も多く売れているものの一つとなります。

次のセッションで詳しくお話しますが、つま先を鏡のように光らせることでより美しく見えるワックスは良いアイテムとなります。

オール100均で靴磨きをしよう!まとめ

今は、靴磨きの道具は100均に揃っていますね。
次のセッションで使い方や手順などを詳しく見ていきますので、ぜひご覧ください。

追記です。

ペネトレイトブラシの代わりにシェービングブラシをカットして使用すると使いやすくなります。

靴クリームを伸ばす際に手を汚したくない方は、ぜひお試しください!

スポンサーリンク

(中級者〜上級者)本格的な靴磨きを始めよう!

本格的な靴磨き???

本格的な靴磨き?と思われた方もいると思います。

私も、靴磨きなんて汚くなったら雑巾でササッと拭くか100均のツヤ出しが入ったスポンジみたいなので輝かせるだけでいいやと思っていたんです。

しかし30歳になろうとしていた時、先輩に・・・
『お前靴が汚い。学生じゃないんだから、靴ぐらい磨けよ!足元を見てる人はしっかり見てるぞ。』

ショックでした。

ということで、3年前ぐらいから靴磨きを始め、今では趣味になっています。

プロの靴磨きとまではいきませんが、サラリーマンが必要最低限できる靴磨きです。
道具の使い方や手順をお教えしたいと思います。

【準備するもの】

①シューキーパー
②馬毛ブラシ
③ペネトレイトブラシ
④豚毛ブラシ or 化繊ブラシ(ナイロン)
⑤ネル生地
⑥ステインリムーバー
⑦靴クリーム
⑧ワックス

【その他準備するもの】

その他① デリケートクリーム
その他② 山羊毛ブラシ
その他③ ハンドラップ
その他④ コバインキ

初級編とは比べ物にならないぐらい準備するものが多いですよね。

作業自体は、念入りにやると30分ぐらい、2週間に1度のメンテナンスで10分〜15分です。
順序さえ覚えると、簡単に出来ますので試してみてくださいね!

【道具の説明】

それでは道具の説明をしていきます。
写真ごとに説明をしておりますが、靴磨きの流れがみたい方は下にスクロールしてください。

①シューキーパー

これは、革靴の形を整える道具です。
よく曲がる部分を伸ばすことで、シワが深くなりすぎず穴が開くことを防いでくれます。
また、木製のシューキーパーは、天敵である湿気も吸い取ってくれるスグレモノ!

私は、2500円ぐらいのものを使用していますが、中には数万円するものもあります。
これを入れた状態で、靴磨きをするとしっかりとシワの仲間でケア出来ます。

②馬毛ブラシ

硬すぎず、軟すぎずバランスの取れたブラシです。
主に、最初のホコリ取りに使います。
馬毛ブラシは、短いものや長いものまで様々あります。

短い馬毛ブラシ・・・頑固な汚れを取ることができるイメージ
長い馬毛ブラシ・・・手の届かない隙間のホコリを取ることができるイメージ

私は、短いブラシを好んで使っています。

ブラシの種類と使い分けについてはこちら


③ペネトレイトブラシ

靴クリームを塗り拡げるために使う小さなブラシ
履きシワ部分に塗り込んだり、コバ上の隙間にクリームを塗る際に重宝します。
靴クリームを扱うブラシは、色ごとに分ける必要があるため、数本所有しています。
(他の色が混ざってしまうため)

④豚毛ブラシ or 化繊ブラシ(ナイロン)

少し硬めのブラシで、塗り拡げた靴クリームをなじませるブラシ
早くシャカシャカと動かすことでキレイに馴染み光沢が出てきます。
豚毛ブラシと化繊ブラシを記載しましたが、どちらでも良いと思います。

豚毛ブラシ・・・程よくクリームを吸い取り適度な量を革靴に与えてくれます。
      (ブラシを育てるともいい、使い込むと馴染みやすくなります。)
化繊ブラシ・・・高速で動かすことで、クリームが熱を持ち、馴染みやすくなります。

使い分けは人それぞれで、こちらのブラシも色ごとに分ける必要があり、数本所有しているます。

⑤ネル生地

汚れ落としやクリームの拭き上げ、ワックスを塗る際など色々と使うネル生地。
手芸用品店などに「ネル生地ありますか〜?」って尋ねるとだいたい置いてあります。
私は2m分ぐらい大きく買ってきて、使いやすいように分けて使用しています。
これは、不要になったTシャツでも代用出来ますので、捨てずにとっておきましょう!

⑥ステインリムーバー

汚れ落としで代表的なステインリムーバー。
種類はたくさんありますが、とっつきやすいのでこれを載せています。
水性タイプで、ちょっとした汚れ落としに最適!
定期的なメンテナンスには、これを使用しています。

それともう一つ。

強力な汚れ落とし。
レノマットリムーバーは、フルメンテナンスなど行う際に使っています。
除光液みたいな匂いがしますので、強力さが伺えます。
3ヶ月〜半年に1回使用するぐらいなので、全然減りません 笑

汚れ落としについて詳しく記事を書きました!

少しの間に沢山溜まってしまいました。
こんなにたくさん必要ありませんね。

⑦靴クリーム

靴に栄養を与えるクリーム
写真は、SAPHIR Noirの「クレム1925」、ENGLISH GUILDの「Bees Rich Cream」とM.MOWBRAYの「SHOE CREAM」です。

Bees Rich Creamは、クリームの塗りやすさ、光沢が抜群によく、磨いた〜〜って感じになります。
SHOE CREAMは、少しギラギラした光沢を抑えるようなクリームになり、シックな仕上がりになるクリームです。

また、代表的なクリームには「クレム1925」という商品がありベストセラーになっています。
種類によって、革靴の印象が異なる特性を持っていますので、使い分けが出来ますよ。

靴クリームのオススメと使い方はこちら

靴磨きの王道「クレム1925」について

シュークリームジャーについて

オススメの靴磨きクリームを徹底比較!〜クレム1925 VS ビーズリッチクリーム〜

⑧ワックス

靴のつま先部分をコーティングし、鏡のように光らせることができるワックス。
実は、私はあまり使いません。
プロの職人はピッカピカにすることが出来て、美しい仕上がりにしてくれますよ。
これでコーティングするだけで、この人靴磨きの知識がある人だ。と思ってしまいます。

ワックスは、見栄えはもちろんですが、一番キズが付きやすいつま先をコーティングすることで、小さなキズが付きにくくなる働きもあります。
コーティングは、曲がりに弱くひび割れした状態になってしまうため、つま先やかかとに施工を施します。

その他① デリケートクリーム

保湿を行うクリームで、ほとんどが水分です。
特に新しく買った革靴は、陳列している時や発送時に乾燥しています。
お風呂上がりの化粧水というイメージですかね。

その他② 山羊毛ブラシ

靴磨き工程の最後に使用する柔らかいブラシ。
ブラシに水を少量含ませ、磨き上げることで光沢を更にアップさせるブラシです。

その他③ ハンドラップ

ワックスを塗る際に、ネル生地に水分を含ませるのですが、少量だけ出してくれるポンプ式の容器です。
ネル生地を指に巻き付け、プッシュすることで少量だけネル生地に水分を与えてくれます。
プロの人が使っている動画が非常にカッコいい!!

その他④ コバインキ

靴底の側面をコバといいますが、その側面に色を付けるインクです。
側面が毛羽立つとボコボコしていてちょっとダサいですよね。
ヤスリで整えたあとに、コバインキを塗ると新品のようになります。

靴磨きをする際に用意する道具としては、これだけあれば十分です。
プロの靴磨き職人や靴磨きを極める人は、ブラシも数種類、クリームも靴に合わせて購入しますし、これだけの道具を収納するケースなどを揃えていたりもします。

【靴磨きの流れ】

次に靴磨きの手順についてご紹介します。
前の【道具の説明】の番号を振り分けますので、参考にしながら見てくださいね。

(靴磨きの流れ まとめ)と(靴磨きの流れ 詳細)に分けて紹介します。

(靴磨きの流れ まとめ)

紐を外し、①シューキーパーを装着する
 ↓
②馬毛ブラシで革靴のホコリや砂を落とす
 ↓
⑤ネル生地を指に巻き、⑥ステインリムーバーで全体の汚れを拭き取る
 ↓
③ペネトレイトブラシで⑦靴クリームを取り塗り拡げる
 ↓
④豚毛ブラシで艶が出るまで塗り込む
 ↓
⑤ネル生地で余分なクリームを拭き取りながら、磨き上げる
 ↓
⑧ワックスを施工

工程が少し分かりづらいですが、
簡単に書くと、

(汚れ落として)→(クリーム塗る)→(そして磨き上げる)

ということです。それでは、詳細について説明します。

(靴磨きの流れ 詳細)

それでは、写真を交えて詳細をご紹介致します。
本日の革靴は『ジャランスリワヤのストレートチップ』になります!!

この革靴は、3年前に購入したものになりますが磨くとキレイになりますし、長持ちしますよ。

磨く前の状況は、2週間メンテナンスせずに雨にもあたってつま先にはキズのようなものも見受けられます。

さーレッツとらい(^O^)/

靴ひもを解き、シューキーパーを入れます。
(注意点)
・今回のような内羽根の靴は最後まで靴ひもをとると負担が掛かりすぎてしまうため最後は残します
・シューキーパーを挿入する際は、曲がりの多いところを伸ばすイメージです!

馬毛ブラシでホコリや砂などをシャカシャカと落とします。

ある程度で大丈夫ですが、気になる方は隙間なども丁寧にしても良いです!

続いて、ネル生地にステインリムーバーを垂らして、全体的に汚れを取っていきます。
(注意点)
ここで力を入れてゴシゴシと拭き取ってしまうと革靴を傷めてしまう可能性があるので優しく行いましょう!

↓↓↓↓

このような感じで、汚れを落としていきます。

続いて、靴クリームで栄養を与えます。
ペネトレイトブラシで靴クリームを米粒2~3粒取り、全体に広げていきます。

(ワンポイントアドバイス!)
靴クリームを塗る前に、デリケートクリームで保湿する場合もあります。

塗り拡げました!
写真のように靴クリームがまばらに塗られている状態になっていると思います。

ここから整えていきますよ!

豚毛ブラシの登場です!
豚毛ブラシは早く動かすとキレイに万遍なく広げることが出来ます。

右がブラッシング前。

左がブラッシング後です。

輝きが出来てきましたね。

最後にネル生地(キレイな面で)で余分なクリームを拭き取りながら、磨き上げます

(ワンポイントアドバイス!)
ネル生地で磨き上げる際に、
引っかるような感触があれば、余計なクリームが残っている証拠です。
適切なクリームが均等になっていればスルスルと磨くことが出来ますので、気にして磨いてくださいね!

(注意点)
・ここでも力一杯磨かないように!

完成です(^O^)/

この後にワックスで先端を光らせ、ドレスアップする方もいらっしゃいます。
光らせることで中々シブい感じになって、おしゃれですよ。
私は、仕事で車に乗る機会が多く、先端をぶつける機会が多いのであえて施工していません。

人それぞれ磨き方や用途があるかと思いますので、自分にあった磨き方を見つけてくださいね!

それではシューケア後の状態をどうぞ!

正面から見た状態。
最初の状態とは違い、ツヤが出ていますね。
この状態を見ると明日も頑張ろうと思います。
購入して3年ぐらい経ちますが、まだまだ履ける革靴です。
先日、靴底の張替えをしましたので、余裕で現役(スタメン)で履いています!

横から見た状態。
日頃から意識しているところは、履きしわのケアです。
革靴は穴が空いてしまうと修正が出来ませんので、集中してケアしてあげてください。

全体のまとめ

最後までお読み頂きありがとうございました!
靴磨きを始めるタイミングやきっかけは、人それぞれです。

靴磨きの方法も人それぞれなので、自分にあったケア方法が見つかると良いですね!

今回は、私のケア方法をご紹介しましたが、少しでも参考になればと思っています。

スポンサーリンク