Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

簡単な日々のお手入れ方法はこちら!!〜10秒で革靴をメンテナンス〜

私は、靴磨きをするようになってから人の靴に目が行くようになってしまいました。笑

20代のときは、手入れもせず革靴に興味がありませんでした。
しかし、年齢が上がるごとに身なりにも気を配り、スーツやカッターシャツ、ネクタイや革靴もランクが上がっているような気がします。

スーツ・カッターシャツ・ネクタイは、クリーニングに出せばキレイになって帰ってきます。
しかし革靴にお金を掛けて靴磨きのプロに頼むことってそんなにないですよね。

毎日履いているのに、スーツなどと違って意識が低いものって中々ないと思います。
(靴磨きしているよ!と思われている方はごめんなさい…)

これだけすれば印象が変わるのに!と思ったことがありますのでご紹介したいと思います。
簡単なので真似してみて下さい(^O^)/

スポンサーリンク

日々の簡単なお手入れ

普段忙しい人におすすめのメンテナンス!

『10秒』で終わるメンテンナスです。

玄関・靴箱に置いておくと毎日出来ますよ。

馬毛ブラシでブラッシング

馬毛ブラシでブラッシングするだけで十分です!!

片方5秒ブラッシングするだけで輝きが戻って来ますよ。
これは、外で付いたホコリが取れる。ということが輝きを戻すことに繋がっていると思います。

【普段、靴クリームを塗布する方】
あらかじめ塗布している靴クリームがブラッシングの摩擦により少し広がるため輝きが戻ることも考えられます。
多く靴クリームを塗る必要はないですが、定期的なメンテナンスは続けた方が良いでしょう!

 
私もこちらのブラシを愛用していますが、安くて質の良いブラシです。
 
このブラシは2年ぐらい使っていますが、全然まだ使えます!
1本持っておくと便利ですよ。
 

豚毛ブラシでブラッシング

擦りキズをつけてしまった時に豚毛ブラシでブラッシングします。

【ポイント!】
豚毛ブラシは、靴クリームごとにブラシを変える必要があるので、革靴と同じ色のブラシでブラッシングすることにより豚毛ブラシに付着している靴クリームが擦りキズを埋めてくれます。

これは、気になる場合のみ実施します!

シューキーパーを入れる

これは、靴を脱いだら入れるだけなので簡単ですよね。笑

シューキーパーは、靴底の反り返りを防ぎ、履きジワが深くなるのを防いでくれます。

参考資料

日々の簡単なお手入れまとめ

日々のお手入れは、馬毛でブラッシングするだけで結構キレイになります。

外には砂や小石などがあり小さなキズが付いてしまうもの。
室内でカーペットが惹かれているフロアなどは、その毛がかなり付着しています。

ホコリや砂、小石などは、革の水分を取ってしまうだけでなく見た目も損なう原因になるんです!
ブラッシングは本当に重要で、革靴のメンテナンスには欠かせないものとなります。

毎日靴磨きする必要はありません。
(逆に毎日すると革を傷める原因になります…笑)

暇な日にお手入れしてあげれば良いんです!!!

スポンサーリンク

3〜4週に1回のお手入れ

用意する靴磨き用具

①馬毛ブラシ

馬毛ブラシでブラッシングを行います。


チリやホコリ、砂などを最初に落とすと革靴に入ってしまう小さなキズを最小限に抑えることが出来ます。

革靴のコバとアッパーの隙間は、溜まりやすい場所です。
念入りにブラッシングしてあげましょう!

②汚れ落とし

汚れ落としです。


汚れや古い靴クリームは、メンテナンスの妨げになります。
せっかくの3〜4週に1回のメンテナンスですので、しっかりと落としてあげましょう!

いらなくなったTシャツや布の切れ端にステインリムーバーをとり、優しく落としていきます。

円を描くように落として行くと万遍なく汚れを落とすことが出来ますよ!
(強く磨くと、革を傷め色落ちの原因となります。)

③靴クリーム

靴クリームを塗布します。

今回は、ビーズリッチクリームを使用しました!
靴クリームって色々ありますよね。初めはどれを購入するればいいかわかりませんでした。

参考記事を一緒に載せておきますので、ご覧ください!

・靴磨きクリームどれ買えばいいですか? ←私のオススメをすべてお教えします!

・【靴クリーム】王道のクレム1925を使ってみた!〜みんなから愛される理由がわかります〜

・【靴クリーム】Bees Rich Cream(ビーズリッチクリーム)の魅力。革靴本来の輝きを取り戻すならこれを使え!

・エム・モゥブレィのシュークリームはマットな大人の輝きに!

・【お手入れ】オススメの靴磨きクリームを徹底比較!〜クレム1925 VS ビーズリッチクリーム〜

④豚毛ブラシ

全体をブラッシングします。

豚毛ブラシでブラッシングする時は大きなストロークで動かすと全体に万遍なく塗り拡げることが出来ます。

縦や横、ななめなどあらゆる方向からブラッシングすると塗りムラが少なくなりますよ!

⑤拭き上げ

最後は布で拭き上げます。

今回はネル生地の布で拭き上げを行いましたが、いらなくなったTシャツや布の切れ端などでも大丈夫です。

最後の拭き上げで取れた靴クリームは、革に入り込めなかった余分なクリームなのでしっかり取りましょう!
一番革靴が輝いて、一番ホコリがつきにくくなるのは、必要な分だけが革靴にあるときです!

余分なクリームがあると、輝きにくくホコリが付きやすい状態ですぐ汚れてしまうので、これも重要な1手間となります!!!

3〜4週に1回のメンテナンスまとめ

日々の簡単なメンテナンスで、輝きが取り戻せなくなってきたら手厚いメンテナンスを行いましょう!!

毎日、手厚いメンテナンスをする必要はないんです!

自身が汚れたなと思った時にメンテナンスしましょう(^O^)/

靴磨きが慣れてきたら『つま先』や『かかと』に鏡面磨きを施すことでよりキレイな仕上がりになり、革靴をキズから守ることも出来ますのでおすすめです。

レベルアップメンテナンス

鏡面磨きをします。

ワックスを塗り重ね、凹凸をなくすことで鏡のように光り輝きます。

参考資料

まとめ

簡単なメンテナンスをご紹介しました。

馬毛ブラシでブラッシングするだけで、キレイな状態を長持ちさせることが出来ます。
10秒で良いですよ!笑

簡単ですよね。

毎日続けることはめんどくさいことですが、これが定着すれば手厚いメンテナンスする回数も少なくなると思います。

(ときにはサボってもいいですよ。笑)

ではでは(^O^)/

スポンサーリンク