Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Creme(クレム)1925で靴磨き!!〜ブラックとニュートラルを比べてみた〜

Creme(クレム)1925…

靴磨きする人も、これからの人も靴クリームで検索すると一度は見たことがあると思います。

 
 
保湿効果や栄養補給、補色などを目的に使われているかと思いますが、靴磨きをする上で『これを使っていれば間違いない!』と感じる靴クリームだと思います。
 
靴磨き職人はもちろん、趣味で靴磨きをする人も含めて多くの方が使っているのが「Creme(クレム)1925」です!
 
 
この靴クリームは、豊富なカラーバリエーションがあり大抵の方でしたら対応できるのではないでしょうか。
 
私は、黒の革靴が好きなのでブラックを持っていますが、茶色やイエローにも対応したいと思い最近ニュートラルを試しに購入しました。
ニュートラルで全ての革靴に対応出来るのであれば1本に絞ることが出来るので経済的ですよね!
 
今回は、「ブラック」「ニュートラル」のみになりますが、比較をしたいと思います!
それではレッツスタートです(^O^)/
 

スポンサーリンク

 
 
 

サフィールノワールについて

まずは簡単に、Creme(クレム)1925を製造している販売会社についてご紹介します。

Creme1925は、SAPHIR Noir(サフィール ノワール)から出ており、SAPHIR(サフィール)の中でも最高品質を誇るハイグレードラインなんですね!

SAPHIRは、シューケア用品の原料にかなり拘っていて厳選された配合成分を使っており、その他革に悪影響を与えるものは配合していないそうです。

ここまで自信を持って言っているので、本当に革に優しいんでしょうね!笑

SAPHIR Noir(サフィール ノワール)」について

1925年のパリ万国博覧会にてサフィールがレザーケア製品の品質で金賞を受賞して以来、継続的な研究と皮革製品や靴業界における世界的なトップブランドとの密接な協力関係によりサフィール・ノワール(MEDAILLE D’OR)は「プロフェッショナル」のためのレザーケア用品としてつくられました。

最高品質のテレピン油やビーズワックス、カルナバワックス、ラノリン、ミンクオイル、ニートフットオイル、植物性油分などの天然原料を厳選し、極限までその配合比率を高めた調合はハイエンドクラスの皮革製品のケアに求められる品質と性能を完璧に満たしており、仕上げやメンテナンス用として世界的に有名なシューメーカーやレザー製品メーカーで採用されています。

また多くの有名ブランドの純正ケア用品のOEMもこのサフィール・ノワールの品質で供給されています。

すなわち、サフィール・ノワール(MEDAILLE D’OR)は高級シューケアブランド サフィール(SAPHIR)の中でも最高品質を誇るハイグレードラインであり、数あるシューケアブランドを代表する珠玉の逸品です。

引用元:http://saphir-jp.com/about/

Creme(クレム)1925とは

【Creme1925の良さ】
・ツヤ、輝き
・しっとり感(保湿効果)
・革のハリが持続(栄養補給)

油性クリームを代表するシューケア用品で、保湿や栄養補給、磨いた後の輝きなど文句のつけようがない靴クリームになります。

スペック

成分:ロウ、油脂、有機溶剤

種類:油性クリーム

容量:75ml

値段:2,160円(税込み)

製造元:アベル社(フランス製)

販売元:株式会社ルボウ

カラーバリエーション 全14色
①ブラック ②ニュートラル
③ライトブラウン ④ブラウン
⑤ダークブラウン ⑥ネイビー
⑦バーガンディ ⑧マホガニー
⑨コニャック ⑩エルメスレッド
⑪グレイ ⑫ダークグリーン
⑬タバコブラウン ⑭パリジャンブラウン

【特徴】

厳選した高級蜜ロウ(ビーズワックス)やカルナパワックスなどで構成され、光沢・補色・栄養・保湿効果を与えるクリームです。
コスメの分野でも注目されている「シアバター」を配合しており、皮革に速やかに浸透し、潤いを保ち、シミになりにくい特性を持ち合わせています。

ブラックとニュートラルの違い

大きな違いは「補色」です。

革靴が新品であれば、見た目で大きな違いはありませんが、長い期間履いていると色あせや傷などによって色が落ちてきます。

そんな時に力を発揮するのが、色付きの靴クリームです。
特にCreme1925は、補色効果も強いためメンテナンスを重ねるごとに色が定着し色味を持続させてくれます。

比較してみた!

汚れ落としをした後の革靴にブラックとニュートラルを塗布しました。
(画面左:ブラック 画面右:ニュートラルを塗布しました!)

ペネトレイトブラシで塗布した後です。

ブラッシングをして、ネル生地で拭き上げました!

どうですか?

違いありますか?

写真では伝わりづらいですが、若干ブラックで磨いた方が色が濃くなっています。
パッと見た感じではどちらで磨いたかわからないですけどね!笑

輝き方という点ではニュートラル。
深みという点ではブラック。

そのような印象を受けました。

ブラックはこんな人におすすめ!

・電車通勤や営業活動が歩きのひとでよくぶつけてしまう人
・狭い場所での作業で靴同士があたって擦り傷がついてしまう人
・長いあいだ靴磨きしていない人
・黒の革靴をたくさん持っている人

やはり黒い靴には黒で磨くのが一番!
革靴の色が持続するということと、もし色が抜けてしまった時に補色することができるというメリットですね。

ニュートラルはこんな人におすすめ!

・革靴本来の色を楽しみたい人
・黒の靴が少なく、色付きの革靴が多い人
・輝きを重視している人
・革靴の色に合わせることがめんどくさい人

多様な靴の状況に対応できるのがニュートラルですね!
色付きの革靴でどうしても同じ色の靴クリームがない場合は重宝しますよね。

補色という点は補うことは出来ませんが、その他に関しては一緒ですしニュートラルの方が少し塗りやすい感覚があります。(個人の見解ですが…)

改めてCreme(クレム)1925は良いと感じる!

今回は、ブラックとニュートラルで比較しましたが、改めてCreme1925は皆から愛される製品だということがわかりました。

実際にCreme1925を使用していますが、革の質感やハリが長い間持続していると感じることができる靴クリームです。

他の靴クリームと比べると若干価格が高いですが、多くの人が使っている理由がわかります!

他にも鏡面磨きをしているところにCreme1925を塗るとワックスが取れやすくなったりと応用もできるクリームですので使い勝手も良いと思います。
(ワックスも油性なので、同じ油性を合わせると緩むんだと思います。笑)

まとめ

Cremu1925は、最初使いにくいと感じる時がありました。
それは塗りすぎていた!と気づきました。

油性クリームを塗りすぎるとベタつきが増し、豚毛ブラシでブラッシングをしても馴染みきらない時があります。

少量でこの輝きが持続するのであれば、長い間使用できると思います。

これから靴磨きを始める方には、絶対おすすめ出来る靴クリームですのでぜひお試しください!
 
靴磨きが楽しくなると思いますよ!!笑
 
 

スポンサーリンク